万葉集937番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集937番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集937番について

歌番号

937番

原文

徃廻|雖見将飽八|名寸隅乃|船瀬之濱尓|四寸流思良名美

訓読

行き廻り見とも飽かめや名寸隅の舟瀬の浜にしきる白波

かな読み

ゆきめぐり|みともあかめや|なきすみの|ふなせのはまに|しきるしらなみ

カタカナ読み

ユキメグリ|ミトモアカメヤ|ナキスミノ|フナセノハマニ|シキルシラナミ

ローマ字読み|大文字

YUKIMEGURI|MITOMOAKAMEYA|NAKISUMINO|FUNASENOHAMANI|SHIKIRUSHIRANAMI

ローマ字読み|小文字

yukimeguri|mitomoakameya|nakisumino|funasenohamani|shikirushiranami

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|播磨|兵庫|羈旅|恋情|神亀3年9月15日|地名

校異

特に無し

寛永版本

ゆきめぐり,[寛]ゆきかへり,
みともあかめや[寛],
なきすみの[寛],
ふなせのはまに[寛],
しきるしらなみ[寛],

巻数

第6巻

作者

笠金村

タイトルとURLをコピーしました