万葉集987番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集987番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集987番について

歌番号

987番

原文

待難尓|余為月者|妹之著|三笠山尓|隠而有来

訓読

待ちかてに我がする月は妹が着る御笠の山に隠りてありけり

かな読み

まちかてに|わがするつきは|いもがきる|みかさのやまに|こもりてありけり

カタカナ読み

マチカテニ|ワガスルツキハ|イモガキル|ミカサノヤマニ|コモリテアリケリ

ローマ字読み|大文字

MACHIKATENI|WAGASURUTSUKIHA|IMOGAKIRU|MIKASANOYAMANI|KOMORITEARIKERI

ローマ字読み|小文字

machikateni|wagasurutsukiha|imogakiru|mikasanoyamani|komoritearikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|題詠|恋情|相聞|比喩|奈良|地名|枕詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

まちかてに[寛],
わがするつきは,[寛]わかするつきは,
いもがきる,[寛]いもかきる,
みかさのやまに[寛],
こもりてありけり,[寛]かくれてありけり,

巻数

第6巻

作者

藤原八束

タイトルとURLをコピーしました