万葉集915番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集915番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集915番について

歌番号

915番

原文

千鳥鳴|三吉野川之|<川音>|止時梨二|所思<公>

訓読

千鳥泣くみ吉野川の川音のやむ時なしに思ほゆる君

かな読み

ちどりなく|みよしのかはの|かはおとの|やむときなしに|おもほゆるきみ

カタカナ読み

チドリナク|ミヨシノカハノ|カハオトノ|ヤムトキナシニ|オモホユルキミ

ローマ字読み|大文字

CHIDORINAKU|MIYOSHINOKAHANO|KAHAOTONO|YAMUTOKINASHINI|OMOHOYURUKIMI

ローマ字読み|小文字

chidorinaku|miyoshinokahano|kahaotono|yamutokinashini|omohoyurukimi

左注|左註

右年月不審|但以歌類載於此次焉|或本云|養老七年五月幸于芳野離宮之時作

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|従駕|宮廷讃美|羈旅|養老7年5月年紀|或本歌|異伝|枕詞|動物|序詞

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|音成->川音【金】【紀】|君->公【元】【金】【類】

寛永版本

ちどりなく,[寛]ちとりなく,
みよしのかはの[寛],
かはおとの,[寛]おとしなみ,
やむときなしに[寛],
おもほゆるきみ[寛],

巻数

第6巻

作者

車持千年

タイトルとURLをコピーしました