万葉集916番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集916番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集916番について

歌番号

916番

原文

茜刺|日不並二|吾戀|吉野之河乃|霧丹立乍

訓読

あかねさす日並べなくに我が恋は吉野の川の霧に立ちつつ

かな読み

あかねさす|ひならべなくに|あがこひは|よしののかはの|きりにたちつつ

カタカナ読み

アカネサス|ヒナラベナクニ|アガコヒハ|ヨシノノカハノ|キリニタチツツ

ローマ字読み|大文字

AKANESASU|HINARABENAKUNI|AGAKOHIHA|YOSHINONOKAHANO|KIRINITACHITSUTSU

ローマ字読み|小文字

akanesasu|hinarabenakuni|agakohiha|yoshinonokahano|kirinitachitsutsu

左注|左註

右年月不審|但以歌類載於此次焉|或本云|養老七年五月幸于芳野離宮之時作

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|従駕|讃美|羈旅|養老7年5月年紀|或本歌|異伝|枕詞|恋情|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|五【元】【金】【紀】正

寛永版本

あかねさす[寛],
ひならべなくに,[寛]ひをもへなくに,
あがこひは,[寛]わかこふる,
よしののかはの[寛],
きりにたちつつ[寛],

巻数

第6巻

作者

車持千年

タイトルとURLをコピーしました