万葉集1008番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1008番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1008番について

歌番号

1008番

原文

山之葉尓|不知世經月乃|将出香常|我待君之|夜者更降管

訓読

山の端にいさよふ月の出でむかと我が待つ君が夜はくたちつつ

かな読み

やまのはに|いさよふつきの|いでむかと|わがまつきみが|よはくたちつつ

カタカナ読み

ヤマノハニ|イサヨフツキノ|イデムカト|ワガマツキミガ|ヨハクタチツツ

ローマ字読み|大文字

YAMANOHANI|ISAYOFUTSUKINO|IDEMUKATO|WAGAMATSUKIMIGA|YOHAKUTACHITSUTSU

ローマ字読み|小文字

yamanohani|isayofutsukino|idemukato|wagamatsukimiga|yohakutachitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|怨恨|待攦|宴席

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

やまのはに[寛],
いさよふつきの[寛],
いでむかと,[寛]いてむかと,
わがまつきみが,[寛]わかまつきみか,
よはくたちつつ,[寛]よはふけにつつ,

巻数

第6巻

作者

忌部黒麻呂

タイトルとURLをコピーしました