万葉集964番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集964番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集964番について

歌番号

964番

原文

吾背子尓|戀者苦|暇有者|拾而将去|戀忘貝

訓読

我が背子に恋ふれば苦し暇あらば拾ひて行かむ恋忘貝

かな読み

わがせこに|こふればくるし|いとまあらば|ひりひてゆかむ|こひわすれがひ

カタカナ読み

ワガセコニ|コフレバクルシ|イトマアラバ|ヒリヒテユカム|コヒワスレガヒ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKONI|KOFUREBAKURUSHI|ITOMAARABA|HIRIHITEYUKAMU|KOHIWASUREGAHI

ローマ字読み|小文字

wagasekoni|kofurebakurushi|itomaaraba|hirihiteyukamu|kohiwasuregahi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|福岡|恋情|天平2年11月年紀|地名|動物

校異

貝【西(上書訂正)】【紀】【寛永】具|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

わがせこに,[寛]わかせこに,
こふればくるし,[寛]こふるはくるし,
いとまあらば,[寛]いとまあらは,
ひりひてゆかむ,[寛]ひろひてゆかむ,
こひわすれがひ,[寛]こひわすれかひ,

巻数

第6巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました