万葉集1040番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1040番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1040番について

歌番号

1040番

原文

久堅乃|雨者零敷|念子之|屋戸尓今夜者|明而将去

訓読

ひさかたの雨は降りしけ思ふ子がやどに今夜は明かして行かむ

かな読み

ひさかたの|あめはふりしけ|おもふこが|やどにこよひは|あかしてゆかむ

カタカナ読み

ヒサカタノ|アメハフリシケ|オモフコガ|ヤドニコヨヒハ|アカシテユカム

ローマ字読み|大文字

HISAKATANO|AMEHAFURISHIKE|OMOFUKOGA|YADONIKOYOHIHA|AKASHITEYUKAMU

ローマ字読み|小文字

hisakatano|amehafurishike|omofukoga|yadonikoyohiha|akashiteyukamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|安積皇子|藤原八束|宴席|京都|地名|久邇京

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ひさかたの[寛],
あめはふりしけ,[寛]あめはふりしく,
おもふこが,[寛]おもふこの,
やどにこよひは,[寛]やとにこよひは,
あかしてゆかむ[寛],

巻数

第6巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました