万葉集918番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集918番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集918番について

歌番号

918番

原文

奥嶋|荒礒之玉藻|潮干満|伊隠去者|所念武香聞

訓読

沖つ島荒礒の玉藻潮干満ちい隠りゆかば思ほえむかも

かな読み

おきつしま|ありそのたまも|しほひみち|いかくりゆかば|おもほえむかも

カタカナ読み

オキツシマ|アリソノタマモ|シホヒミチ|イカクリユカバ|オモホエムカモ

ローマ字読み|大文字

OKITSUSHIMA|ARISONOTAMAMO|SHIHOHIMICHI|IKAKURIYUKABA|OMOHOEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

okitsushima|arisonotamamo|shihohimichi|ikakuriyukaba|omohoemukamo

左注|左註

右年月不記|但称従駕玉津嶋也|因今檢注行幸年月以載之焉

事項|分類・ジャンル

雑歌|紀州|和歌山|行幸|神亀1年10月5日年紀|土地讃美|羈旅|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おきつしま[寛],
ありそのたまも,[寛]あらいそのたまも,
しほひみち,[寛]しほみちて,
いかくりゆかば,[寛]いかくれゆかは,
おもほえむかも,[寛]おもほへむかも,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました