万葉集988番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集988番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集988番について

歌番号

988番

原文

春草者|後<波>落易|巌成|常磐尓座|貴吾君

訓読

春草は後はうつろふ巌なす常盤にいませ貴き我が君

かな読み

はるくさは|のちはうつろふ|いはほなす|ときはにいませ|たふときあがきみ

カタカナ読み

ハルクサハ|ノチハウツロフ|イハホナス|トキハニイマセ|タフトキアガキミ

ローマ字読み|大文字

HARUKUSAHA|NOCHIHAUTSUROFU|IHAHONASU|TOKIHANIIMASE|TAFUTOKIAGAKIMI

ローマ字読み|小文字

harukusaha|nochihautsurofu|ihahonasu|tokihaniimase|tafutokiagakimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|安貴王|寿歌|父|儒教|永遠|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|者->波【類】【紀】【古】

寛永版本

はるくさは[寛],
のちはうつろふ,[寛]のちはかれやすし,
いはほなす[寛],
ときはにいませ[寛],
たふときあがきみ,[寛]かしこきわかきみ,

巻数

第6巻

作者

市原王

タイトルとURLをコピーしました