万葉集951番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集951番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集951番について

歌番号

951番

原文

見渡者|近物可良|石隠|加我欲布珠乎|不取不巳

訓読

見わたせば近きものから岩隠りかがよふ玉を取らずはやまじ

かな読み

みわたせば|ちかきものから|いはがくり|かがよふたまを|とらずはやまじ

カタカナ読み

ミワタセバ|チカキモノカラ|イハガクリ|カガヨフタマヲ|トラズハヤマジ

ローマ字読み|大文字

MIWATASEBA|CHIKAKIMONOKARA|IHAGAKURI|KAGAYOFUTAMAO|TORAZUHAYAMAJI

ローマ字読み|小文字

miwataseba|chikakimonokara|ihagakuri|kagayofutamao|torazuhayamaji

左注|左註

右笠朝臣金村之歌中出也|或云車持朝臣千年作<之>也

事項|分類・ジャンル

雑歌|車持千年|作者異伝|難波|大阪|比喩|恋愛|神亀5年年紀|掛醎合媿|地名

校異

特に無し

寛永版本

みわたせば,[寛]みわたせは,
ちかきものから[寛],
いはがくり,[寛]いそかくれ,
かがよふたまを,[寛]かかよふたまを,
とらずはやまじ,[寛]とらすはやまし,

巻数

第6巻

作者

笠金村歌集

タイトルとURLをコピーしました