万葉集926番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集926番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集926番について

歌番号

926番

原文

安見知之|和期大王波|見吉野乃|飽津之小野笶|野上者|跡見居置而|御山者|射目立渡|朝猟尓|十六履起之|夕狩尓|十里蹋立|馬並而|御<猟>曽立為|春之茂野尓

訓読

やすみしし|我ご大君は|み吉野の|秋津の小野の|野の上には|跡見据ゑ置きて|み山には|射目立て渡し|朝狩に|獣踏み起し|夕狩に|鳥踏み立て|馬並めて|御狩ぞ立たす|春の茂野に

かな読み

やすみしし|わごおほきみは|みよしのの|あきづのをのの|ののへには|とみすゑおきて|みやまには|いめたてわたし|あさがりに|ししふみおこし|ゆふがりに|とりふみたて|うまなめて|みかりぞたたす|はるのしげのに

カタカナ読み

ヤスミシシ|ワゴオホキミハ|ミヨシノノ|アキヅノヲノノ|ノノヘニハ|トミスヱオキテ|ミヤマニハ|イメタテワタシ|アサガリニ|シシフミオコシ|ユフガリニ|トリフミタテ|ウマナメテ|ミカリゾタタス|ハルノシゲノニ

ローマ字読み|大文字

YASUMISHISHI|WAGOHOKIMIHA|MIYOSHINONO|AKIZUNONONO|NONOHENIHA|TOMISUEOKITE|MIYAMANIHA|IMETATEWATASHI|ASAGARINI|SHISHIFUMIOKOSHI|YUFUGARINI|TORIFUMITATE|UMANAMETE|MIKARIZOTATASU|HARUNOSHIGENONI

ローマ字読み|小文字

yasumishishi|wagohokimiha|miyoshinono|akizunonono|nonoheniha|tomisueokite|miyamaniha|imetatewatashi|asagarini|shishifumiokoshi|yufugarini|torifumitate|umanamete|mikarizotatasu|harunoshigenoni

左注|左註

右不審先後|但以便故載於此<次>

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|行幸|宮廷讃美|地名|枕詞|動物

校異

狩->猟【元】【紀】【細】

寛永版本

やすみしし[寛],
わごおほきみは,[寛]わかおほきみは,
みよしのの[寛],
あきづのをのの,[寛]あきつのをのの,
ののへには,[寛]のかみには,
とみすゑおきて,[寛]あとみすゑおきて,
みやまには[寛],
いめたてわたし,[寛]せこたちわたり,
あさがりに,[寛]あさかりに,
ししふみおこし[寛],
ゆふがりに,[寛]ゆふかりに,
とりふみたて,[寛]とりふみたてて,
うまなめて[寛],
みかりぞたたす,[寛]みかりそたてし,
はるのしげのに,[寛]はるのしけのに,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました