万葉集954番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集954番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集954番について

歌番号

954番

原文

朝波|海邊尓安左里為|暮去者|倭部越|鴈四乏母

訓読

朝は海辺にあさりし夕されば大和へ越ゆる雁し羨しも

かな読み

あしたは|うみへにあさりし|ゆふされば|やまとへこゆる|かりしともしも

カタカナ読み

アシタハ|ウミヘニアサリシ|ユフサレバ|ヤマトヘコユル|カリシトモシモ

ローマ字読み|大文字

ASHITAHA|UMIHENIASARISHI|YUFUSAREBA|YAMATOHEKOYURU|KARISHITOMOSHIMO

ローマ字読み|小文字

ashitaha|umiheniasarishi|yufusareba|yamatohekoyuru|karishitomoshimo

左注|左註

右作歌之年不審<也>|但以歌類便載此次

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|動物

校異

歌【西】謌【西(別筆訂正)】歌|越【元】【紀】(塙)超|歌【西】謌【西(訂正)】歌|->也【元】【紀】【細】|以歌【西】以謌【西(訂正)】以歌

寛永版本

あしたは,[寛]あしたには,
うみへにあさりし,[寛]うなひにあさりし,
ゆふされば,[寛]こふされは,
やまとへこゆる,[寛]やまとひこゆる,
かりしともしも,[寛]

巻数

第6巻

作者

膳王

タイトルとURLをコピーしました