万葉集998番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集998番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

万葉集998番について

歌番号

998番

原文

如眉|雲居尓所見|阿波乃山|懸而榜舟|泊不知毛

訓読

眉のごと雲居に見ゆる阿波の山懸けて漕ぐ舟泊り知らずも

かな読み

まよのごと|くもゐにみゆる|あはのやま|かけてこぐふね|とまりしらずも

カタカナ読み

マヨノゴト|クモヰニミユル|アハノヤマ|カケテコグフネ|トマリシラズモ

ローマ字読み|大文字

MAYONOGOTO|KUMOINIMIYURU|AHANOYAMA|KAKETEKOGUFUNE|TOMARISHIRAZUMO

ローマ字読み|小文字

mayonogoto|kumoinimiyuru|ahanoyama|kaketekogufune|tomarishirazumo

左注|左註

右一首船王作

事項|分類・ジャンル

雑歌|行幸|羈旅|大阪|難波|黒人|不安|恋情|天平6年3月年紀|地名

校異

特に無し

寛永版本

まよのごと,[寛]まゆのこと,
くもゐにみゆる[寛],
あはのやま[寛],
かけてこぐふね,[寛]かけてこくふね,
とまりしらずも,[寛]とまりしらすも,

巻数

第6巻

作者

船王

タイトルとURLをコピーしました