万葉集943番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集943番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集943番について

歌番号

943番

原文

玉藻苅|辛荷乃嶋尓|嶋廻為流|水烏二四毛有哉|家不念有六

訓読

玉藻刈る唐荷の島に島廻する鵜にしもあれや家思はずあらむ

かな読み

たまもかる|からにのしまに|しまみする|うにしもあれや|いへおもはずあらむ

カタカナ読み

タマモカル|カラニノシマニ|シマミスル|ウニシモアレヤ|イヘオモハズアラム

ローマ字読み|大文字

TAMAMOKARU|KARANINOSHIMANI|SHIMAMISURU|UNISHIMOAREYA|IHEOMOHAZUARAMU

ローマ字読み|小文字

tamamokaru|karaninoshimani|shimamisuru|unishimoareya|iheomohazuaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|兵庫|地名|植物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

たまもかる[寛],
からにのしまに[寛],
しまみする,[寛]あさりする,
うにしもあれや[寛],
いへおもはずあらむ,[寛]いへおもはさらむ,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました