万葉集939番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集939番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集939番について

歌番号

939番

原文

奥浪|邊波安美|射去為登|藤江乃浦尓|船曽動流

訓読

沖つ波辺波静けみ漁りすと藤江の浦に舟ぞ騒ける

かな読み

おきつなみ|へなみしづけみ|いざりすと|ふぢえのうらに|ふねぞさわける

カタカナ読み

オキツナミ|ヘナミシヅケミ|イザリスト|フヂエノウラニ|フネゾサワケル

ローマ字読み|大文字

OKITSUNAMI|HENAMISHIZUKEMI|IZARISUTO|FUJIENORANI|FUNEZOSAWAKERU

ローマ字読み|小文字

okitsunami|henamishizukemi|izarisuto|fujienorani|funezosawakeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|播磨|兵庫|羈旅|土地讃美|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

おきつなみ[寛],
へなみしづけみ,[寛]へなみしつけみ,
いざりすと,[寛]いさりすと,
ふぢえのうらに,[寛]ふちゑのうらに,
ふねぞさわける,[寛]ふねそとよめる,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました