万葉集942番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集942番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集942番について

歌番号

942番

原文

味澤相|妹目不數見而|敷細乃|枕毛不巻|櫻皮纒|作流舟二|真梶貫|吾榜来者|淡路乃|野嶋毛過|伊奈美嬬|辛荷乃嶋之|嶋際従|吾宅乎見者|青山乃|曽許十方不見|白雲毛|千重尓成来沼|許伎多武流|浦乃盡|徃隠|嶋乃埼々|隈毛不置|憶曽吾来|客乃氣長弥

訓読

あぢさはふ|妹が目離れて|敷栲の|枕もまかず|桜皮巻き|作れる船に|真楫貫き|我が漕ぎ来れば|淡路の|野島も過ぎ|印南嬬|辛荷の島の|島の際ゆ|我家を見れば|青山の|そことも見えず|白雲も|千重になり来ぬ|漕ぎ廻むる|浦のことごと|行き隠る|島の崎々|隈も置かず|思ひぞ我が来る|旅の日長み

かな読み

あぢさはふ|いもがめかれて|しきたへの|まくらもまかず|かにはまき|つくれるふねに|まかぢぬき|わがこぎくれば|あはぢの|のしまもすぎ|いなみつま|からにのしまの|しまのまゆ|わぎへをみれば|あをやまの|そこともみえず|しらくもも|ちへになりきぬ|こぎたむる|うらのことごと|ゆきかくる|しまのさきざき|くまもおかず|おもひぞわがくる|たびのけながみ

カタカナ読み

アヂサハフ|イモガメカレテ|シキタヘノ|マクラモマカズ|カニハマキ|ツクレルフネニ|マカヂヌキ|ワガコギクレバ|アハヂノ|ノシマモスギ|イナミツマ|カラニノシマノ|シマノマユ|ワギヘヲミレバ|アヲヤマノ|ソコトモミエズ|シラクモモ|チヘニナリキヌ|コギタムル|ウラノコトゴト|ユキカクル|シマノサキザキ|クマモオカズ|オモヒゾワガクル|タビノケナガミ

ローマ字読み|大文字

AJISAHAFU|IMOGAMEKARETE|SHIKITAHENO|MAKURAMOMAKAZU|KANIHAMAKI|TSUKURERUFUNENI|MAKAJINUKI|WAGAKOGIKUREBA|AHAJINO|NOSHIMAMOSUGI|INAMITSUMA|KARANINOSHIMANO|SHIMANOMAYU|WAGIHEOMIREBA|AOYAMANO|SOKOTOMOMIEZU|SHIRAKUMOMO|CHIHENINARIKINU|KOGITAMURU|URANOKOTOGOTO|YUKIKAKURU|SHIMANOSAKIZAKI|KUMAMOKAZU|OMOHIZOWAGAKURU|TABINOKENAGAMI

ローマ字読み|小文字

ajisahafu|imogamekarete|shikitaheno|makuramomakazu|kanihamaki|tsukurerufuneni|makajinuki|wagakogikureba|ahajino|noshimamosugi|inamitsuma|karaninoshimano|shimanomayu|wagiheomireba|aoyamano|sokotomomiezu|shirakumomo|chiheninarikinu|kogitamuru|uranokotogoto|yukikakuru|shimanosakizaki|kumamokazu|omohizowagakuru|tabinokenagami

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|兵庫|枕詞|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌|短歌【西】短謌【西(訂正)】短歌

寛永版本

あぢさはふ,[寛]あちさはふ,
いもがめかれて,[寛]いもかめしはみすて,
しきたへの[寛],
まくらもまかず,[寛]まくらもまかす,
かにはまき[寛],
つくれるふねに[寛],
まかぢぬき,[寛]まかちぬき,
わがこぎくれば,[寛]わかこきくれは,
あはぢの,[寛]あはみちの,
のしまもすぎ,[寛]のしまもすきぬ,
いなみつま,[寛]いなひつま,
からにのしまの[寛],
しまのまゆ,[寛]しままより,
わぎへをみれば,[寛]わかやとをみれは,
あをやまの[寛],
そこともみえず,[寛]そこともみえす,
しらくもも[寛],
ちへになりきぬ[寛],
こぎたむる,[寛]こきたむる,
うらのことごと,[寛]うらのはてまて,
ゆきかくる,[寛]ゆきかくれ,
しまのさきざき,[寛]しまのさきさき,
くまもおかず,[寛]くまもおかす,
おもひぞわがくる,[寛]おもひそわかこし,
たびのけながみ,[寛]たひのけなかみ,

巻数

第6巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました