万葉集483番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集483番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集483番について

歌番号

483番

原文

朝鳥之|啼耳鳴六|吾妹子尓|今亦更|逢因矣無

訓読

朝鳥の哭のみし泣かむ我妹子に今またさらに逢ふよしをなみ

かな読み

あさとりの|ねのみしなかゆ|わぎもこに|いままたさらに|あふよしをなみ

カタカナ読み

アサトリノ|ネノミシナカユ|ワギモコニ|イママタサラニ|アフヨシヲナミ

ローマ字読み|大文字

ASATORINO|NENOMISHINAKAYU|WAGIMOKONI|IMAMATASARANI|AFUYOSHIONAMI

ローマ字読み|小文字

asatorino|nenomishinakayu|wagimokoni|imamatasarani|afuyoshionami

左注|左註

右三首七月廿日高橋朝臣作歌也|名字未審|但云奉膳之男子焉

事項|分類・ジャンル

挽歌|古老|老麻呂|亡妻挽歌|枕詞|天平16年7月20日年紀

校異

歌【西】謌

寛永版本

あさとりの[寛],
ねのみしなかゆ,[寛]ねのみやなかむ,
わぎもこに,[寛]わきもこに,
いままたさらに[寛],
あふよしをなみ[寛],

巻数

第3巻

作者

高橋

タイトルとURLをコピーしました