万葉集427番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集427番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集427番について

歌番号

427番

原文

百不足|八十隅坂尓|手向為者|過去人尓|盖相牟鴨

訓読

百足らず八十隈坂に手向けせば過ぎにし人にけだし逢はむかも

かな読み

ももたらず|やそくまさかに|たむけせば|すぎにしひとに|けだしあはむかも

カタカナ読み

モモタラズ|ヤソクマサカニ|タムケセバ|スギニシヒトニ|ケダシアハムカモ

ローマ字読み|大文字

MOMOTARAZU|YASOKUMASAKANI|TAMUKESEBA|SUGINISHIHITONI|KEDASHIAHAMUKAMO

ローマ字読み|小文字

momotarazu|yasokumasakani|tamukeseba|suginishihitoni|kedashiahamukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|田口広麻呂|枕詞

校異

歌【西】謌

寛永版本

ももたらず,[寛]ももたらぬ,
やそくまさかに,[寛]やそすみさかに,
たむけせば,[寛]たむけせは,
すぎにしひとに,[寛]すきゆくひとに,
けだしあはむかも,[寛]けたしあはむかも,

巻数

第3巻

作者

刑部垂麻呂

タイトルとURLをコピーしました