万葉集438番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集438番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集438番について

歌番号

438番

原文

愛|人之纒而師|敷細之|吾手枕乎|纒人将有哉

訓読

愛しき人のまきてし敷栲の我が手枕をまく人あらめや

かな読み

うつくしき|ひとのまきてし|しきたへの|わがたまくらを|まくひとあらめや

カタカナ読み

ウツクシキ|ヒトノマキテシ|シキタヘノ|ワガタマクラヲ|マクヒトアラメヤ

ローマ字読み|大文字

UTSUKUSHIKI|HITONOMAKITESHI|SHIKITAHENO|WAGATAMAKURAO|MAKUHITOARAMEYA

ローマ字読み|小文字

utsukushiki|hitonomakiteshi|shikitaheno|wagatamakurao|makuhitoarameya

左注|左註

右一首別去而經數旬作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|神龜5年年紀

校異

太->大【類】【古】【紀】|歌【西】謌

寛永版本

うつくしき[寛],
ひとのまきてし[寛],
しきたへの[寛],
わがたまくらを,[寛]わかたまくらを,
まくひとあらめや[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました