万葉集312番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集312番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集312番について

歌番号

312番

原文

昔者社|難波居中跡|所言奚米|今者京引|都備仁鷄里

訓読

昔こそ難波田舎と言はれけめ今は都引き都びにけり

かな読み

むかしこそ|なにはゐなかと|いはれけめ|いまはみやこひき|みやこびにけり

カタカナ読み

ムカシコソ|ナニハヰナカト|イハレケメ|イマハミヤコヒキ|ミヤコビニケリ

ローマ字読み|大文字

MUKASHIKOSO|NANIHAINAKATO|IHAREKEME|IMAHAMIYAKOHIKI|MIYAKOBINIKERI

ローマ字読み|小文字

mukashikoso|nanihainakato|iharekeme|imahamiyakohiki|miyakobinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|難波|大阪|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

むかしこそ[寛],
なにはゐなかと[寛],
いはれけめ[寛],
いまはみやこひき,[寛]いまはみやひと,
みやこびにけり,[寛]そなはりにけり,

巻数

第3巻

作者

藤原宇合

タイトルとURLをコピーしました