万葉集392番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集392番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集392番について

歌番号

392番

原文

烏珠之|其夜乃梅乎|手忘而|不折来家里|思之物乎

訓読

ぬばたまのその夜の梅をた忘れて折らず来にけり思ひしものを

かな読み

ぬばたまの|そのよのうめを|たわすれて|をらずきにけり|おもひしものを

カタカナ読み

ヌバタマノ|ソノヨノウメヲ|タワスレテ|ヲラズキニケリ|オモヒシモノヲ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|SONOYONOMEO|TAWASURETE|ORAZUKINIKERI|OMOHISHIMONO

ローマ字読み|小文字

nubatamano|sonoyonomeo|tawasurete|orazukinikeri|omohishimono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|枕詞|植物

校異

太->大【紀】【細】

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
そのよのうめを[寛],
たわすれて[寛],
をらずきにけり,[寛]をらてきにけり,
おもひしものを[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴百代

タイトルとURLをコピーしました