万葉集359番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集359番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集359番について

歌番号

359番

原文

阿倍乃嶋|宇乃住石尓|依浪|間無比来|日本師所念

訓読

阿倍の島鵜の住む磯に寄する波間なくこのころ大和し思ほゆ

かな読み

あへのしま|うのすむいそに|よするなみ|まなくこのころ|やまとしおもほゆ

カタカナ読み

アヘノシマ|ウノスムイソニ|ヨスルナミ|マナクコノコロ|ヤマトシオモホユ

ローマ字読み|大文字

AHENOSHIMA|UNOSUMUISONI|YOSURUNAMI|MANAKUKONOKORO|YAMATOSHIOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

ahenoshima|unosumuisoni|yosurunami|manakukonokoro|yamatoshiomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|阿倍嬥島|大阪|和歌山|羈旅|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

あへのしま[寛],
うのすむいそに,[寛]うのすむいしに,
よするなみ,[寛]よるなみの,
まなくこのころ[寛],
やまとしおもほゆ[寛],

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました