万葉集479番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集479番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集479番について

歌番号

479番

原文

波之吉可聞|皇子之命乃|安里我欲比|見之活道乃|路波荒尓鷄里

訓読

はしきかも皇子の命のあり通ひ見しし活道の道は荒れにけり

かな読み

はしきかも|みこのみことの|ありがよひ|めししいくぢの|みちはあれにけり

カタカナ読み

ハシキカモ|ミコノミコトノ|アリガヨヒ|メシシイクヂノ|ミチハアレニケリ

ローマ字読み|大文字

HASHIKIKAMO|MIKONOMIKOTONO|ARIGAYOHI|MESHISHIIKUJINO|MICHIHAARENIKERI

ローマ字読み|小文字

hashikikamo|mikonomikotono|arigayohi|meshishiikujino|michihaarenikeri

左注|左註

右三首三月廿四日作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|内舎人|安積皇子|天平16年3月24日年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

はしきかも[寛],
みこのみことの[寛],
ありがよひ,[寛]ありかよひ,
めししいくぢの,[寛]みしいくめちの,
みちはあれにけり[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました