万葉集284番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集284番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集284番について

歌番号

284番

原文

焼津邊|吾去鹿齒|駿河奈流|阿倍乃市道尓|相之兒等羽裳

訓読

焼津辺に我が行きしかば駿河なる阿倍の市道に逢ひし子らはも

かな読み

やきづへに|わがゆきしかば|するがなる|あべのいちぢに|あひしこらはも

カタカナ読み

ヤキヅヘニ|ワガユキシカバ|スルガナル|アベノイチヂニ|アヒシコラハモ

ローマ字読み|大文字

YAKIZUHENI|WAGAYUKISHIKABA|SURUGANARU|ABENOICHIJINI|AHISHIKORAHAMO

ローマ字読み|小文字

yakizuheni|wagayukishikaba|suruganaru|abenoichijini|ahishikorahamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|静岡|恋愛|地名

校異

特に無し

寛永版本

やきづへに,[寛]やいつへに,
わがゆきしかば,[寛]わかゆきしかは,
するがなる,[寛]するかなる,
あべのいちぢに,[寛]あへのいちちに,
あひしこらはも[寛],

巻数

第3巻

作者

春日老

タイトルとURLをコピーしました