万葉集353番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集353番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集353番について

歌番号

353番

原文

見吉野之|高城乃山尓|白雲者|行憚而|棚引所見

訓読

み吉野の高城の山に白雲は行きはばかりてたなびけり見ゆ

かな読み

みよしのの|たかきのやまに|しらくもは|ゆきはばかりて|たなびけりみゆ

カタカナ読み

ミヨシノノ|タカキノヤマニ|シラクモハ|ユキハバカリテ|タナビケリミユ

ローマ字読み|大文字

MIYOSHINONO|TAKAKINOYAMANI|SHIRAKUMOHA|YUKIHABAKARITE|TANABIKERIMIYU

ローマ字読み|小文字

miyoshinono|takakinoyamani|shirakumoha|yukihabakarite|tanabikerimiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名

校異

特に無し

寛永版本

みよしのの[寛],
たかきのやまに[寛],
しらくもは[寛],
ゆきはばかりて,[寛]ゆきははかりて,
たなびけりみゆ,[寛]たなひきてみゆ,

巻数

第3巻

作者

釈通観

タイトルとURLをコピーしました