万葉集398番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集398番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集398番について

歌番号

398番

原文

妹家尓|開有梅之|何時毛々々々|将成時尓|事者将定

訓読

妹が家に咲きたる梅のいつもいつもなりなむ時に事は定めむ

かな読み

いもがいへに|さきたるうめの|いつもいつも|なりなむときに|ことはさだめむ

カタカナ読み

イモガイヘニ|サキタルウメノ|イツモイツモ|ナリナムトキニ|コトハサダメム

ローマ字読み|大文字

IMOGAIHENI|SAKITARUMENO|ITSUMOITSUMO|NARINAMUTOKINI|KOTOHASADAMEMU

ローマ字読み|小文字

imogaiheni|sakitarumeno|itsumoitsumo|narinamutokini|kotohasadamemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|真楯|恋愛|植物

校異

歌【西】謌|二->三【矢】【京】

寛永版本

いもがいへに,[寛]いもかいへに,
さきたるうめの[寛],
いつもいつも[寛],
なりなむときに[寛],
ことはさだめむ,[寛]ことはさためむ,

巻数

第3巻

作者

藤原八束

タイトルとURLをコピーしました