万葉集370番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集370番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集370番について

歌番号

370番

原文

雨不零|殿雲流夜之|潤濕跡|戀乍居寸|君待香光

訓読

雨降らずとの曇る夜のぬるぬると恋ひつつ居りき君待ちがてり

かな読み

あめふらず|とのぐもるよの|ぬるぬると|こひつつをりき|きみまちがてり

カタカナ読み

アメフラズ|トノグモルヨノ|ヌルヌルト|コヒツツヲリキ|キミマチガテリ

ローマ字読み|大文字

AMEFURAZU|TONOGUMORUYONO|NURUNURUTO|KOHITSUTSUORIKI|KIMIMACHIGATERI

ローマ字読み|小文字

amefurazu|tonogumoruyono|nurunuruto|kohitsutsuoriki|kimimachigateri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|恋情|意味難解

校異

特に無し

寛永版本

あめふらず,[寛]あめふらて,
とのぐもるよの,[寛]とのくもるよの,
ぬるぬると,[寛]ぬれひてと,
こひつつをりき[寛],
きみまちがてり,[寛]きみまちかてら,

巻数

第3巻

作者

阿倍広庭

タイトルとURLをコピーしました