万葉集472番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集472番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集472番について

歌番号

472番

原文

世間之|常如此耳跡|可都<知跡>|痛情者|不忍都毛

訓読

世間し常かくのみとかつ知れど痛き心は忍びかねつも

かな読み

よのなかし|つねかくのみと|かつしれど|いたきこころは|しのびかねつも

カタカナ読み

ヨノナカシ|ツネカクノミト|カツシレド|イタキココロハ|シノビカネツモ

ローマ字読み|大文字

YONONAKASHI|TSUNEKAKUNOMITO|KATSUSHIREDO|ITAKIKOKOROHA|SHINOBIKANETSUMO

ローマ字読み|小文字

yononakashi|tsunekakunomito|katsushiredo|itakikokoroha|shinobikanetsumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|天平11年6月年紀

校異

->知跡【西(右書)】【類】【古】【紀】

寛永版本

よのなかし,[寛]よのなかの,
つねかくのみと[寛],
かつしれど,[寛]かつしれと,
いたきこころは,[寛]いたむこころは,
しのびかねつも,[寛]しのひかねつも,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました