万葉集288番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集288番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集288番について

歌番号

288番

原文

吾命之|真幸有者|亦毛将見|志賀乃大津尓|縁流白波

訓読

我が命のま幸くあらばまたも見む志賀の大津に寄する白波

かな読み

わがいのちの|まさきくあらば|またもみむ|しがのおほつに|よするしらなみ

カタカナ読み

ワガイノチノ|マサキクアラバ|マタモミム|シガノオホツニ|ヨスルシラナミ

ローマ字読み|大文字

WAGAINOCHINO|MASAKIKUARABA|MATAMOMIMU|SHIGANOHOTSUNI|YOSURUSHIRANAMI

ローマ字読み|小文字

wagainochino|masakikuaraba|matamomimu|shiganohotsuni|yosurushiranami

左注|左註

右今案|不審幸行年月

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|予祝|大津|滋賀|地名

校異

特に無し

寛永版本

わがいのちの,[寛]わかいのちし,
まさきくあらば,[寛]まさきくあらは,
またもみむ[寛],
しがのおほつに,[寛]しかのおほつに,
よするしらなみ[寛],

巻数

第3巻

作者

穂積老

タイトルとURLをコピーしました