万葉集410番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集410番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集410番について

歌番号

410番

原文

橘乎|屋前尓殖生|立而居而|後雖悔|驗将有八方

訓読

橘を宿に植ゑ生ほし立ちて居て後に悔ゆとも験あらめやも

かな読み

たちばなを|やどにうゑおほし|たちてゐて|のちにくゆとも|しるしあらめやも

カタカナ読み

タチバナヲ|ヤドニウヱオホシ|タチテヰテ|ノチニクユトモ|シルシアラメヤモ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANAO|YADONIUEOHOSHI|TACHITEITE|NOCHINIKUYUTOMO|SHIRUSHIARAMEYAMO

ローマ字読み|小文字

tachibanao|yadoniueohoshi|tachiteite|nochinikuyutomo|shirushiarameyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

たちばなを,[寛]たちはなを,
やどにうゑおほし,[寛]やとにうゑをほし,
たちてゐて[寛],
のちにくゆとも[寛],
しるしあらめやも[寛],

巻数

第3巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました