万葉集355番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集355番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集355番について

歌番号

355番

原文

大汝|小彦名乃|将座|志都乃石室者|幾代将經

訓読

大汝少彦名のいましけむ志都の石屋は幾代経にけむ

かな読み

おほなむち|すくなひこなの|いましけむ|しつのいはやは|いくよへにけむ

カタカナ読み

オホナムチ|スクナヒコナノ|イマシケム|シツノイハヤハ|イクヨヘニケム

ローマ字読み|大文字

OHONAMUCHI|SUKUNAHIKONANO|IMASHIKEMU|SHITSUNOIHAYAHA|IKUYOHENIKEMU

ローマ字読み|小文字

ohonamuchi|sukunahikonano|imashikemu|shitsunoihayaha|ikuyohenikemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|静嬥岩屋|島根|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

おほなむち[寛],
すくなひこなの[寛],
いましけむ,[寛]いましなむ,
しつのいはやは[寛],
いくよへにけむ,[寛]いくよへぬらむ,

巻数

第3巻

作者

生石真人

タイトルとURLをコピーしました