万葉集248番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集248番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集248番について

歌番号

248番

原文

隼人乃|薩麻乃迫門乎|雲居奈須|遠毛吾者|今日見鶴鴨

訓読

隼人の薩摩の瀬戸を雲居なす遠くも我れは今日見つるかも

かな読み

はやひとの|さつまのせとを|くもゐなす|とほくもわれは|けふみつるかも

カタカナ読み

ハヤヒトノ|サツマノセトヲ|クモヰナス|トホクモワレハ|ケフミツルカモ

ローマ字読み|大文字

HAYAHITONO|SATSUMANOSETO|KUMOINASU|TOHOKUMOWAREHA|KEFUMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

hayahitono|satsumanoseto|kumoinasu|tohokumowareha|kefumitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|黒瀬戸|鹿児島|地名

校異

特に無し

寛永版本

はやひとの[寛],
さつまのせとを[寛],
くもゐなす[寛],
とほくもわれは[寛],
けふみつるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

長田王

タイトルとURLをコピーしました