万葉集378番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集378番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集378番について

歌番号

378番

原文

昔者之|舊堤者|年深|池之瀲尓|水草生家里

訓読

いにしへの古き堤は年深み池の渚に水草生ひにけり

かな読み

いにしへの|ふるきつつみは|としふかみ|いけのなぎさに|みくさおひにけり

カタカナ読み

イニシヘノ|フルキツツミハ|トシフカミ|イケノナギサニ|ミクサオヒニケリ

ローマ字読み|大文字

INISHIHENO|FURUKITSUTSUMIHA|TOSHIFUKAMI|IKENONAGISANI|MIKUSAOHINIKERI

ローマ字読み|小文字

inishiheno|furukitsutsumiha|toshifukami|ikenonagisani|mikusaohinikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|不比等|奈良|植物|地名

校異

歌【西】謌【西(右書)】歌|生【紀】生尓

寛永版本

いにしへの[寛],
ふるきつつみは[寛],
としふかみ,[寛]としふかき,
いけのなぎさに,[寛]いけのなきさに,
みくさおひにけり,[寛]みくさおいにけり,

巻数

第3巻

作者

山部赤人

タイトルとURLをコピーしました