万葉集458番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集458番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集458番について

歌番号

458番

原文

若子乃|匍匐多毛登保里|朝夕|哭耳曽吾泣|君無二四天

訓読

みどり子の匍ひたもとほり朝夕に哭のみぞ我が泣く君なしにして

かな読み

みどりこの|はひたもとほり|あさよひに|ねのみぞわがなく|きみなしにして

カタカナ読み

ミドリコノ|ハヒタモトホリ|アサヨヒニ|ネノミゾワガナク|キミナシニシテ

ローマ字読み|大文字

MIDORIKONO|HAHITAMOTOHORI|ASAYOHINI|NENOMIZOWAGANAKU|KIMINASHINISHITE

ローマ字読み|小文字

midorikono|hahitamotohori|asayohini|nenomizowaganaku|kiminashinishite

左注|左註

右五首資人<余>明軍不勝犬馬之慕心中感緒作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|大伴旅人|奈良|地名|天平3年7月年紀

校異

金->余【古】【紀】|歌【西】謌

寛永版本

みどりこの,[寛]みとりこの,
はひたもとほり[寛],
あさよひに[寛],
ねのみぞわがなく,[寛]ねにそわかなく,
きみなしにして[寛],

巻数

第3巻

作者

余明軍

タイトルとURLをコピーしました