万葉集278番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集278番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集278番について

歌番号

278番

原文

然之海人者|軍布苅塩焼|無暇|髪梳乃<小>櫛|取毛不見久尓

訓読

志賀の海女は藻刈り塩焼き暇なみ櫛笥の小櫛取りも見なくに

かな読み

しかのあまは|めかりしほやき|いとまなみ|くしげのをぐし|とりもみなくに

カタカナ読み

シカノアマハ|メカリシホヤキ|イトマナミ|クシゲノヲグシ|トリモミナクニ

ローマ字読み|大文字

SHIKANOAMAHA|MEKARISHIHOYAKI|ITOMANAMI|KUSHIGENOGUSHI|TORIMOMINAKUNI

ローマ字読み|小文字

shikanoamaha|mekarishihoyaki|itomanami|kushigenogushi|torimominakuni

左注|左註

右今案|石川朝臣君子号曰少郎子也

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|福岡|地名

校異

少->小【古】【矢】

寛永版本

しかのあまは[寛],
めかりしほやき[寛],
いとまなみ[寛],
くしげのをぐし,[寛]くしけのをくし,
とりもみなくに[寛],

巻数

第3巻

作者

石川君子

タイトルとURLをコピーしました