万葉集403番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集403番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集403番について

歌番号

403番

原文

朝尓食尓|欲見|其玉乎|如何為鴨|従手不離有牟

訓読

朝に日に見まく欲りするその玉をいかにせばかも手ゆ離れずあらむ

かな読み

あさにけに|みまくほりする|そのたまを|いかにせばかも|てゆかれずあらむ

カタカナ読み

アサニケニ|ミマクホリスル|ソノタマヲ|イカニセバカモ|テユカレズアラム

ローマ字読み|大文字

ASANIKENI|MIMAKUHORISURU|SONOTAMAO|IKANISEBAKAMO|TEYUKAREZUARAMU

ローマ字読み|小文字

asanikeni|mimakuhorisuru|sonotamao|ikanisebakamo|teyukarezuaramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|坂上大嬢|恋愛|贈答

校異

特に無し

寛永版本

あさにけに[寛],
みまくほりする[寛],
そのたまを[寛],
いかにせばかも,[寛]いもにしてかも,
てゆかれずあらむ,[寛]てにさけさらむ,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました