万葉集330番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集330番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集330番について

歌番号

330番

原文

藤浪之|花者盛尓|成来|平城京乎|御念八君

訓読

藤波の花は盛りになりにけり奈良の都を思ほすや君

かな読み

ふぢなみの|はなはさかりに|なりにけり|ならのみやこを|おもほすやきみ

カタカナ読み

フヂナミノ|ハナハサカリニ|ナリニケリ|ナラノミヤコヲ|オモホスヤキミ

ローマ字読み|大文字

FUJINAMINO|HANAHASAKARINI|NARINIKERI|NARANOMIYAKO|OMOHOSUYAKIMI

ローマ字読み|小文字

fujinamino|hanahasakarini|narinikeri|naranomiyako|omohosuyakimi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|太宰府|福岡|地名|望郷

校異

特に無し

寛永版本

ふぢなみの,[寛]ふちなみの,
はなはさかりに[寛],
なりにけり[寛],
ならのみやこを[寛],
おもほすやきみ[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴四綱

タイトルとURLをコピーしました