万葉集470番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集470番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集470番について

歌番号

470番

原文

如是耳|有家留物乎|妹毛吾毛|如千歳|憑有来

訓読

かくのみにありけるものを妹も我れも千年のごとく頼みたりけり

かな読み

かくのみに|ありけるものを|いももあれも|ちとせのごとく|たのみたりけり

カタカナ読み

カクノミニ|アリケルモノヲ|イモモアレモ|チトセノゴトク|タノミタリケリ

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMINI|ARIKERUMONO|IMOMOAREMO|CHITOSENOGOTOKU|TANOMITARIKERI

ローマ字読み|小文字

kakunomini|arikerumono|imomoaremo|chitosenogotoku|tanomitarikeri

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|天平11年6月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

かくのみに,[寛]かくしのみ,
ありけるものを[寛],
いももあれも,[寛]いももわれも,
ちとせのごとく,[寛]ちとせのことく,
たのみたりけり,[寛]たのみたりける,

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました