万葉集380番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集380番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集380番について

歌番号

380番

原文

木綿疊|手取持而|如此谷母|吾波乞甞|君尓不相鴨

訓読

木綿畳手に取り持ちてかくだにも我れは祈ひなむ君に逢はじかも

かな読み

ゆふたたみ|てにとりもちて|かくだにも|あれはこひなむ|きみにあはじかも

カタカナ読み

ユフタタミ|テニトリモチテ|カクダニモ|アレハコヒナム|キミニアハジカモ

ローマ字読み|大文字

YUFUTATAMI|TENITORIMOCHITE|KAKUDANIMO|AREHAKOHINAMU|KIMINIAHAJIKAMO

ローマ字読み|小文字

yufutatami|tenitorimochite|kakudanimo|arehakohinamu|kiminiahajikamo

左注|左註

右歌者|以天平五年冬十一月供祭大伴氏神之時|聊作此歌|故曰祭神歌

事項|分類・ジャンル

雑歌|奈良|神祭|恋情|地名

校異

歌【西】謌|此歌【西】此謌

寛永版本

ゆふたたみ[寛],
てにとりもちて[寛],
かくだにも,[寛]かくたにも,
あれはこひなむ,[寛]われはこひなむ,
きみにあはじかも,[寛]きみにあはしかも,

巻数

第3巻

作者

坂上郎女

タイトルとURLをコピーしました