万葉集347番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集347番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集347番について

歌番号

347番

原文

世間之|遊道尓|<怜>者|酔泣為尓|可有良師

訓読

世間の遊びの道に楽しきは酔ひ泣きするにあるべくあるらし

かな読み

よのなかの|あそびのみちに|たのしきは|ゑひなきするに|あるべくあるらし

カタカナ読み

ヨノナカノ|アソビノミチニ|タノシキハ|ヱヒナキスルニ|アルベクアルラシ

ローマ字読み|大文字

YONONAKANO|ASOBINOMICHINI|TANOSHIKIHA|EHINAKISURUNI|ARUBEKUARURASHI

ローマ字読み|小文字

yononakano|asobinomichini|tanoshikiha|ehinakisuruni|arubekuarurashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|讃酒|太宰府|奈良|福岡|地名

校異

冷->怜【玉嬥小琴】(塙)冷

寛永版本

よのなかの[寛],
あそびのみちに,[寛]あそひのみちに,
たのしきは,[寛]ましらはは,
ゑひなきするに[寛],
あるべくあるらし,[寛]ありぬへからし,

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました