万葉集464番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集464番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集464番について

歌番号

464番

原文

秋去者|見乍思跡|妹之殖之|屋前乃石竹|開家流香聞

訓読

秋さらば見つつ偲へと妹が植ゑしやどのなでしこ咲きにけるかも

かな読み

あきさらば|みつつしのへと|いもがうゑし|やどのなでしこ|さきにけるかも

カタカナ読み

アキサラバ|ミツツシノヘト|イモガウヱシ|ヤドノナデシコ|サキニケルカモ

ローマ字読み|大文字

AKISARABA|MITSUTSUSHINOHETO|IMOGAUESHI|YADONONADESHIKO|SAKINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

akisaraba|mitsutsushinoheto|imogaueshi|yadononadeshiko|sakinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|植物|天平11年6月年紀

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

あきさらば,[寛]あきさらは,
みつつしのへと,[寛]みつつおもへと,
いもがうゑし,[寛]いもかうゑし,
やどのなでしこ,[寛]やとのなてしこ,
さきにけるかも[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました