万葉集375番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集375番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集375番について

歌番号

375番

原文

吉野尓有|夏實之河乃|川余杼尓|鴨曽鳴成|山影尓之弖

訓読

吉野なる菜摘の川の川淀に鴨ぞ鳴くなる山蔭にして

かな読み

よしのなる|なつみのかはの|かはよどに|かもぞなくなる|やまかげにして

カタカナ読み

ヨシノナル|ナツミノカハノ|カハヨドニ|カモゾナクナル|ヤマカゲニシテ

ローマ字読み|大文字

YOSHINONARU|NATSUMINOKAHANO|KAHAYODONI|KAMOZONAKUNARU|YAMAKAGENISHITE

ローマ字読み|小文字

yoshinonaru|natsuminokahano|kahayodoni|kamozonakunaru|yamakagenishite

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名|動物

校異

歌【西】謌【西(右書)】歌

寛永版本

よしのなる[寛],
なつみのかはの[寛],
かはよどに,[寛]かはよとに,
かもぞなくなる,[寛]かもそなくなる,
やまかげにして,[寛]やまかけにして,

巻数

第3巻

作者

湯原王

タイトルとURLをコピーしました