万葉集474番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集474番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集474番について

歌番号

474番

原文

昔許曽|外尓毛見之加|吾妹子之|奥槨常念者|波之吉佐寳山

訓読

昔こそ外にも見しか我妹子が奥つ城と思へばはしき佐保山

かな読み

むかしこそ|よそにもみしか|わぎもこが|おくつきとおもへば|はしきさほやま

カタカナ読み

ムカシコソ|ヨソニモミシカ|ワギモコガ|オクツキトオモヘバ|ハシキサホヤマ

ローマ字読み|大文字

MUKASHIKOSO|YOSONIMOMISHIKA|WAGIMOKOGA|OKUTSUKITOMOHEBA|HASHIKISAHOYAMA

ローマ字読み|小文字

mukashikoso|yosonimomishika|wagimokoga|okutsukitomoheba|hashikisahoyama

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|奈良|地名|天平11年6月年紀

校異

特に無し

寛永版本

むかしこそ[寛],
よそにもみしか[寛],
わぎもこが,[寛]わきもこか,
おくつきとおもへば,[寛]おくつきとおもへは,
はしきさほやま[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴家持

タイトルとURLをコピーしました