万葉集286番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集286番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集286番について

歌番号

286番

原文

宜奈倍|吾背乃君之|負来尓之|此勢能山乎|妹者不喚

訓読

よろしなへ我が背の君が負ひ来にしこの背の山を妹とは呼ばじ

かな読み

よろしなへ|わがせのきみが|おひきにし|このせのやまを|いもとはよばじ

カタカナ読み

ヨロシナヘ|ワガセノキミガ|オヒキニシ|コノセノヤマヲ|イモトハヨバジ

ローマ字読み|大文字

YOROSHINAHE|WAGASENOKIMIGA|OHIKINISHI|KONOSENOYAMAO|IMOTOHAYOBAJI

ローマ字読み|小文字

yoroshinahe|wagasenokimiga|ohikinishi|konosenoyamao|imotohayobaji

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|土地讃美|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

よろしなへ[寛],
わがせのきみが,[寛]わかせのきみの,
おひきにし[寛],
このせのやまを[寛],
いもとはよばじ,[寛]いもとはよはむ,

巻数

第3巻

作者

春日老

タイトルとURLをコピーしました