万葉集328番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集328番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集328番について

歌番号

328番

原文

青丹吉|寧樂乃京師者|咲花乃|薫如|今盛有

訓読

あをによし奈良の都は咲く花のにほふがごとく今盛りなり

かな読み

あをによし|ならのみやこは|さくはなの|にほふがごとく|いまさかりなり

カタカナ読み

アヲニヨシ|ナラノミヤコハ|サクハナノ|ニホフガゴトク|イマサカリナリ

ローマ字読み|大文字

AONIYOSHI|NARANOMIYAKOHA|SAKUHANANO|NIHOFUGAGOTOKU|IMASAKARINARI

ローマ字読み|小文字

aoniyoshi|naranomiyakoha|sakuhanano|nihofugagotoku|imasakarinari

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|奈良都|都讃美|地名|枕詞|太宰府|福岡

校異

太->大【古】【紀】【京】

寛永版本

あをによし[寛],
ならのみやこは[寛],
さくはなの[寛],
にほふがごとく,[寛]にほふかことく,
いまさかりなり[寛],

巻数

第3巻

作者

小野老

タイトルとURLをコピーしました