万葉集374番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集374番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集374番について

歌番号

374番

原文

雨零者|将盖跡念有|笠乃山|人尓莫令盖|霑者漬跡裳

訓読

雨降らば着むと思へる笠の山人にな着せそ濡れは漬つとも

かな読み

あめふらば|きむとおもへる|かさのやま|ひとになきせそ|ぬれはひつとも

カタカナ読み

アメフラバ|キムトオモヘル|カサノヤマ|ヒトニナキセソ|ヌレハヒツトモ

ローマ字読み|大文字

AMEFURABA|KIMUTOMOHERU|KASANOYAMA|HITONINAKISESO|NUREHAHITSUTOMO

ローマ字読み|小文字

amefuraba|kimutomoheru|kasanoyama|hitoninakiseso|nurehahitsutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|三笠山|桜井市笠|地名

校異

特に無し

寛永版本

あめふらば,[寛]あめふれは,
きむとおもへる,[寛]ささむとおもへる,
かさのやま[寛],
ひとになきせそ,[寛]ひとにささすな,
ぬれはひつとも[寛],

巻数

第3巻

作者

石上乙麻呂

タイトルとURLをコピーしました