万葉集413番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集413番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集413番について

歌番号

413番

原文

須麻乃海人之|塩焼衣乃|藤服|間遠之有者|未著穢

訓読

須磨の海女の塩焼き衣の藤衣間遠にしあればいまだ着なれず

かな読み

すまのあまの|しほやききぬの|ふぢころも|まどほにしあれば|いまだきなれず

カタカナ読み

スマノアマノ|シホヤキキヌノ|フヂコロモ|マドホニシアレバ|イマダキナレズ

ローマ字読み|大文字

SUMANOAMANO|SHIHOYAKIKINUNO|FUJIKOROMO|MADOHONISHIAREBA|IMADAKINAREZU

ローマ字読み|小文字

sumanoamano|shihoyakikinuno|fujikoromo|madohonishiareba|imadakinarezu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|宴席|誦詠|兵庫|地名

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

すまのあまの[寛],
しほやききぬの[寛],
ふぢころも,[寛]ふちころも,
まどほにしあれば,[寛]まとほにしあれは,
いまだきなれず,[寛]いまたきなれす,

巻数

第3巻

作者

大網公人

タイトルとURLをコピーしました