万葉集424番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集424番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集424番について

歌番号

424番

原文

隠口乃|泊瀬越女我|手二纒在|玉者乱而|有不言八方

訓読

こもりくの泊瀬娘子が手に巻ける玉は乱れてありと言はずやも

かな読み

こもりくの|はつせをとめが|てにまける|たまはみだれて|ありといはずやも

カタカナ読み

コモリクノ|ハツセヲトメガ|テニマケル|タマハミダレテ|アリトイハズヤモ

ローマ字読み|大文字

KOMORIKUNO|HATSUSEOTOMEGA|TENIMAKERU|TAMAHAMIDARETE|ARITOIHAZUYAMO

ローマ字読み|小文字

komorikuno|hatsuseotomega|tenimakeru|tamahamidarete|aritoihazuyamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|石田王|異伝|枕詞|桜井|地名

校異

歌【西】謌

寛永版本

こもりくの[寛],
はつせをとめが,[寛]はつせをとめか,
てにまける[寛],
たまはみだれて,[寛]たまはみたれて,
ありといはずやも,[寛]ありといはしやも,

巻数

第3巻

作者

山前王

タイトルとURLをコピーしました