万葉集453番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集453番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集453番について

歌番号

453番

原文

吾妹子之|殖之梅樹|毎見|情咽都追|涕之流

訓読

我妹子が植ゑし梅の木見るごとに心咽せつつ涙し流る

かな読み

わぎもこが|うゑしうめのき|みるごとに|こころむせつつ|なみたしながる

カタカナ読み

ワギモコガ|ウヱシウメノキ|ミルゴトニ|ココロムセツツ|ナミタシナガル

ローマ字読み|大文字

WAGIMOKOGA|UESHIUMENOKI|MIRUGOTONI|KOKOROMUSETSUTSU|NAMITASHINAGARU

ローマ字読み|小文字

wagimokoga|ueshiumenoki|mirugotoni|kokoromusetsutsu|namitashinagaru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|奈良|地名|植物|天平2年12月年紀

校異

特に無し

寛永版本

わぎもこが,[寛]わきもこか,
うゑしうめのき[寛],
みるごとに,[寛]みることに,
こころむせつつ[寛],
なみたしながる[寛],

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました