万葉集450番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集450番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集450番について

歌番号

450番

原文

去左尓波|二吾見之|此埼乎|獨過者|情悲<喪>|[一云|見毛左可受伎濃]

訓読

行くさにはふたり我が見しこの崎をひとり過ぐれば心悲しも|[一云|見も放かず来ぬ]

かな読み

ゆくさには|ふたりわがみし|このさきを|ひとりすぐれば|こころかなしも|[みもさかずきぬ]

カタカナ読み

ユクサニハ|フタリワガミシ|コノサキヲ|ヒトリスグレバ|ココロカナシモ|[ミモサカズキヌ]

ローマ字読み|大文字

YUKUSANIHA|FUTARIWAGAMISHI|KONOSAKIO|HITORISUGUREBA|KOKOROKANASHIMO|[MIMOSAKAZUKINU]

ローマ字読み|小文字

yukusaniha|futariwagamishi|konosakio|hitorisugureba|kokorokanashimo|[mimosakazukinu]

左注|左註

右二首過敏馬埼日作歌

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻挽歌|兵庫|地名|天平2年12月年紀

校異

哀->喪【西(貼紙訂正)】【古】【細】|歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

ゆくさには[寛],
ふたりわがみし,[寛]ふたりわかみし,
このさきを[寛],
ひとりすぐれば,[寛]ひとりすくれは,
こころかなしも[寛],
[みもさかずきぬ]

巻数

第3巻

作者

大伴旅人

タイトルとURLをコピーしました